2005年12月29日

根鈍

僕はある種の物事に対して判断するのに一日くらいかかることがある。
判断というか整理。
だから整理した瞬間に襲ってくるいろいろな感情に押しつぶされそうになる。
いろいろなタイミングを逃すわけだ。

そして、壁を殴るのである。
posted by Mastervie at 02:01| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

ヘッドフォンが音を拾う

全てを知らないことは全てを知っていることだと凄い人が言っていた。

大雪によって、車が埋まって掘り起こしているときに指を怪我したようだが気付かなかった。鈍感だ。凍傷になって腐って指の一本でも落ちたら迫が付くってもんだ。

リフレイン。

仕事先に、女性の知り合いが二人来た。
しかし、最初誰かわからなかった。
両方とも結局名前すら忘れていて、後から他の人に聞いて思い出したくらいだ。
人の名前は覚える方だと思っていたのだがそうでもないようだ。
こうやって、どんどん物事が過去になっていって忘れて消滅していくのだろう。

再確認。

疑うことは好きではない。
しかし、疑ってしまう。
何故だ。猜疑心が襲ってくる。
また、気付かないフリをしなければならない。
でも、やはり、自分でチェックしないと落ち着かない。
でも、気付いた時には時すでに遅し。
事象の真偽は闇の中。

再検討。
再実験。

まぁ、もうどうでもいいや。
俺には関係ないし、俺の物でも、俺に対する事象でもない。
逆もまた然りという事を肝に銘じろ。
口と耳。
ヘッドフォンは、マイクにもなる。
posted by Mastervie at 03:12| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

粛正

自己批判はし過ぎたわけで、
総括も受けたけど治らないので、
後の処置は粛正すなわち実行だけかな。
それかノンポリに成り下がるかだ。
posted by Mastervie at 09:53| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

貝殻の空想崇拝

コミューンを明確に捉え都市型ウィークコネクションに溺れること無く巧みに潜まねばならない。
正直気持ち悪い、肥大化する団地のようなコミュニティー。
あまり興味が無い存在になってきている。バイパス。首都高速。
それは、矛先が違うからなのかもしれない。
疎外感から得る、一種の羨ましさのような劣等感なのかもしれない。
しかしながら、きっと出会うであろうそいつらに興味がないと今更ながら宣言してみる。
きっと山手線や大阪環状線は呪われていて、遠心力で弾き飛ばされない限りグルグルと同じ所を回り続けるだろう。

これを言ってしまえば終わりだが、
君や彼には納得出来ても、
あなた
  や
  あいつ
には    理解    すら
出来ないことなのだ。

DSC00178.JPG

何かを真剣にふざけることは、真剣な顔して論争の中枢に居座るよりも難しいことだということを、与えられる側の人間は理解しなければならない。




 気 を読む
    という 
こと はそうい  う こ と   な のだ。
posted by Mastervie at 04:51| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

クソして寝てろ

誰かにとって俺は敵であって、知らないそいつの頭の中で俺は変質者か糞野郎なわけだ。
俺にとってそいつは知らないわけだから何の感情も抱かない。
一方的過ぎるがコレは仕方の無いこと。みんなそうだ。

こんな事は当たり前なのだがそう考えるとこの世に絶対的な善人なんて居ないわけだ。

だけど、俺にとって俺は最低の善人であり最高の悪人だ。
今は最低の悪人だな。
posted by Mastervie at 05:52| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

おろしがね

DSC00188.JPG

正当化することは難しく、批判するにはそれなりのリスクがある。
私論をただぼやくだけの楽さと、無知が故の過ちを天秤にかけたらどうなるのか。
言葉の定義付けほど難しいことはない。しかし、それをせねば話は進まず。
だが、作文中に言葉は生き物だと常々思い知らされる。意味が変化する。
言葉とは何と千変万化な生き物なんだ。
題材が題材だけに、論じるという客観的な視点から私のインフラストラクチャーを覗くのは危険な作業だった。

頭の中で、何人かの私が会議してる。
だけど、毎分更新されていくデータによって結論は出ない。
整理をするもののぶちあたる壁に何度となく悩まされ、事実事象へと追い込まれる。
そんな中、最後まで書き終えた、卒論。
唯一のオアシスは、軽率なレビュー。
posted by Mastervie at 19:24| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

ここから雲の間まで

「色々なモノの距離感がグッと縮まってからいったいどのくらい経ったのだろう。
空との距離が縮まって、
少しだけ星や月や雲や飛行機や鳥が近くなったのはつい最近のことだろう。
ある場所からある場所までの距離が縮まって、
色々な所に気軽に行けるようになったのもつい最近のことだろう。
欲しいものと自分の手の距離が縮まって、
あれやこれが手に入るようになったのは金を稼げるようになったからだろう。
色々なものと自分の距離が縮まって、
新しい何かを手に入れれるようになったのも最近のことだろう。

どれも放っといてもなかなか遠くはならないし、自分から離れない限りずっとそこにあるモノだ。

DSC00175.JPG


だけど、人との距離だけは放っといたら遠くなっていくような気がする。
それと何かを手に入れると何かを失っていくんだろうな。
そんなこと当たり前のことか。」っと、暇な便所の中で考えた。
posted by Mastervie at 22:05| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

解ってたまるか

夕飯の支度をして、風呂を沸かして、子供や夫の帰りを待つ母親。
子供が遅くまで帰って来なければ近所まで、果ては学校まで探しにいく。
見つかっても、少しだけ叱り、あとは優しく包むもの。
そんな気分だ。

いや、少し違うな。
子供や親はその存在をはっきりと深層で無意識に意識しているもの。
それこそが本当の愛なんだろう。
第一俺は男で、母性とかそんなのとはかけ離れている
俺のはタダの自己満足一人大相撲。
「勝手に」ってやつだな。
バカらしい。

この頃から何も変わっていない。
200306052157007.JPG
『若かりし頃の著者近影(五年前)』

世の中がどんどん空回りしていけば良い。
おれはそれの軸のずれた中心に埋没している。
posted by Mastervie at 20:22| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

keep out of reach of children

強制連鎖介護的疑似現実電脳空間そーさるねっとわぁきんぐ
繋がりたくない人とも繋がってしまう。

気持ち悪い所だ。
と、今ふと思った。

検索サイトとして活用との事。
posted by Mastervie at 08:11| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

バルサン星人襲来

相変わらず寝れない。
これじゃ、何も練れない。
一昨日は二時間刻みで起きて何とか六時間寝た。
でも、二時間の睡眠って意味があまり無い。三時間じゃないと。
んで、それ以来寝てない。
しかも、原因不明の腫に悩まされる。
たぶん虫。

今日は、布団を干して、バルサン焚いて、部屋を大掃除。
たぶん死滅。
たぶんって怖い。

でも、空気はものすごく良い。すがすがしい。
ふっくら布団で快眠を。
posted by Mastervie at 17:19| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。