2006年02月27日

ひとりおんがくさい

指揮者であり、PAであり、演奏家であり、作曲家であり、視聴者でもある。
一人で全てをこなす。
暇だったので、練習の後個人的に練習室でギターを弾いていた。
誰もいない部屋で自己陶酔。
超無防備。
気付いたら後輩が立っていた。
俺はどうやら軽く逝ってたようだ。
posted by Mastervie at 05:44| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

本来の姿

音楽は楽しまなくちゃ駄目だ。
楽しいものではない。結局耳が音を拾っても、受け身じゃないんだ。

今日はgodに会った。godは、楽しめと言っていた。
その通りだと思う。

楽しめないなら耳塞げ。
楽しめ。音を。

その後、godの真似事をした。
昨日からほとんど寝ていなかったが真夜2時からのギグは楽しんだ。
時間が経つのも忘れて気付いたら朝の7時を回っていた。
楽しい時間はすぐに過ぎ去って行くものだ。
時間は規則的なはずなのに高速化した。

許容の中で奮闘し、無限に広がる大宇宙の自由と秩序を垣間見る。
結果は出ずとも過程が糧となる。貧乏根性、無駄から何かを学ぶこと。
posted by Mastervie at 08:42| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

天地無用

見極め、絞る。添削する。削除する。

確保するために。


自宅に戻り次第開始。
posted by Mastervie at 00:19| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

カルビー

飽和している。
音楽もマンガも映画もテレビも本もアニメもゲームもネットも何もかも。
衝撃が欲しい。
「こち亀」や「サザエさん」や「ビートルズ」や「筒井康隆」や「ドラクエ」や「笑っていいとも」や「ハリウッド」や「yahoo」に走ってしまう。
衝撃が欲しい。

安心はいらない。
きっと、不安なことが多いから、せめてモノに対しては安心なものを選んでいるのかもね。
それじゃおもしろくねぇーなぁ。

マイセンではなく、オランダ産が欲しい今日この頃。
posted by Mastervie at 01:39| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

あるべき姿

昨日のワタシは私でない。

明日のワタシも私でない。

今のワタシが私である。
posted by Mastervie at 01:34| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

万葉

こんなにも携帯電話をぶっ壊したくなることはない。
今までも確かにあった。ぶん投げたこともあった。
しかし、今は投げることも叩くこともない。
ただただぶっ壊したいと思うばかりではあるがその気持ちは大きい。
何故だ。

理由は簡単。
孤独感だ。

できればネットも繋がっていなければ良いと思ってしまう。
誰かとの繋がりを欲している、そんな自分がとても嫌だ。
でも壊せば困ってしまうこともあるので、思いとどまる。

ダウナーな文章を書くことで、慈悲の目を得ようとしてるわけでもない。
そういうことは基本的に嫌だ。
ただ単に陰と陽、明と暗を提示しているだけに過ぎない。
偶然であって、必然である。

一生を仮想する召し食って稼いで寝るという生活に嫌気もさしている。
旅に出たい。

一貫性などどうでもよい。

信じるものは救われる。一点集中で救われる。

浮いていたい。広いプールに漂いたい。



幻想である。幻想である。幻想である。
posted by Mastervie at 01:31| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

on da Buddha's hand

フラットな関係でいたい。
欺くことも、負かすことも勝つこともない。

終止符としての愁傷終章。
猜疑心シリーズ完結編
結論は単純明快であった。何も考えることなどなかった。

嘘はよくない。
以上。
posted by Mastervie at 02:42| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分が知る自己のみが自己ではない

先人に学べ、自己に学べ、己に打ち勝て。

彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず
idea from 孫子
heibayo.jpg
posted by Mastervie at 00:19| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

青い夜

lemon jellyのジャケのように黒い夜ではなく、青い夜がすばらしく好きだ。
それは、なんとも神秘的な感じがする。
満月の夜にやってくる。

黒い夜よりも圧倒的に恐怖感と孤独感と興奮を与えてくれる。
心臓の高鳴りを感じずに入られない。

満月と青い夜
雪と山脈
posted by Mastervie at 23:50| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

怒涛のように綴ってみる内心

今日はバイトで疲れた。
昨日もバイトで疲れた。
明日もバイトで疲れる。
明後日もバイトで疲れる。

予定は未定だがこれは確定。

今日一日思ったことは。
雪が多い。
早く帰れ。
眠い。
寒い。
悲しい。
嘘をつくな。
黙って、仕事しろ。
めんどくさい。
まずい。
ミスるな。
善悪は別として、嘘をついていることを知っていても、知らないフリをして、嘘を受け入れることは、嘘をついていることと変わりは無いな。
てめぇーの仕事だろ。
間違えるな。
働け。
勝手に帰るな。
客多い。
便所汚い。
マンガ読みたい。
話したい。
把握しなければならないことが多すぎて、知らなくてはならないことの整理がつかなくて、何を一番にやっつれば良いかわからないときは、とりあえず思い出せる限りのことをやっておくべき。
眠い。
大阪に帰りたい。
真実は一つだな。
焼き立てフルーツパイ旨い。
見たことある子だなぁ。
名前なんだっけ。
思い出せない。
これ以上思い出せない。
posted by Mastervie at 02:33| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。