2007年07月08日

四十九日間冥土一周の旅

別に悲しい事じゃないんだ。


昨日、祖父の49日が行われた。

前記の通り、もちろん49日も初体験。
葬式のようにイベントが目白押しってわけでもなく、親族が集まり、坊さんにお経を挙げてもらい、お墓に納骨をして、飯を食うだけである。身内だけでやるから、そんなに気を使う必要も無いし、昨今の私の精神状態でも耐えられる環境であった。うちの親戚は、深い部分ではどうだか知らないが、表面的には仲が良い。表面的にはって表現はいささか語弊がありそうだが、言葉通りに素直に受け取って欲しい。別段仲が悪いわけではないのだ。

話が逸れてしまった。話を本筋へと戻そう。

昼過ぎにぞろぞろと親戚が我が家に集結。私はまだパジャマのままで弟とパラッパラッパ−2を爆音でやっていた。そうこうしてるうちに坊さんが来る時間になり、急いで喪服に着替える。
久しぶりの晴れの天気が、喪服を身にまとった私に襲いかかってきた。暑い。もちろん、クーラーも扇風機もないから喪服の下は汗だく。しかも、先日の農作業で私の膝はスパーク寸前で正座がかなり苦痛。なんだか葬式の時の緊張感が無い。
お経を読み終え、一同お墓へ移動。

納骨。何ともいえない雰囲気。納骨スペースにはまだまだ空きがあった。僕らの分まで余裕だ。

寿司屋へ。食った。飲んだ。途中かなり落ち出した。親族の前で恥をさらすのはどうかと思い弟と会話する事で調子を戻す。みんな、結構な年なのに元気でビールをガバガバと飲んでた。若者たちは、と言っても私と弟とはとこは完全に叔父叔母の勢いに押されて隅っこで喫煙。そして、帰宅。

座敷に遺骨や遺影が置いてあったのだが、それを仏壇へ移動させて、旅は終わった。

坊さん曰く、祖父はご先祖様の仲間入りをしたらしい。
そこらへんの宗教精神はいまいち理解しがたいが、そんな事はどうでも良く、今は素直に冥福を祈るのみ。

合掌。
posted by Mastervie at 13:41| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。