2006年06月25日

軍律違反

劣等感が強くて、負けず嫌いなのだが、いかんせん、怒られたり、叱られたり、罵倒されると、持ち前の気の弱さで激落ちしてしまう。何も言えなくなる。
悲劇のヒロイン的(男だが)に落ち込むのではなく、ただただ、どん底。(卑屈でもあるが)もろいのだ。

逆に言ってしまえば、様は褒められたい人なのだ、俺は。

しかしながら、最近ほとんど褒められていない。じぶんでも、ふざけんなと、ツッコミを入れたくなってしまう発言だが。

まぁ、それもそのはず。たぶん、褒められるような事はしていない。

気遣いをしても、余計なお世話なのかもしれない、気の効いたことを言ってみても、言葉に説得力が無いらしく、戯言になってしまうんだな。今に始まった事じゃないけど。きっと、何かを期待して、何か見返りを求めているのではなかろうか。そんな部分が見え隠れしているんじゃないのか。っと、最近は思ってしまう。
実際、そんな部分は無いとは言えないが、そこまで求めていない。

っと、無駄な(自己構築の)プレッシャーの中で勝手にもがいているわけだが、まぁ、自意識過剰なだけかもしれない。

無駄な気遣いがお節介ならもうしたくないと思うが、いかんせん、そうは言ってもやってしまうのが自分である。しかも、そこらへんの力の入れ具合がわからない。
っと、ここまでは解っている。

話がだいぶずれたが、言ってしまえば褒められたいだけなのだ。全ては。
褒められると伸びるタイプでもあるんだけどな。叩かれて伸びるタイプではないのは明らかだ。甘ったれるなって話だが、甘いんだもの、しょうがない。
開き直りに近い回答だ。その時点で、俺は自分に甘いような気がする。

何故褒められたいのだ?たぶん、傷付くのが極端に嫌なんだろう。
また、甘い事を言っているが、傷付きたい奴なんて居ないだろう。相当のMじゃなきゃ。甘いが。
あとは、褒めるってすごくハッピーなわけで、楽しいじゃないか。
気持ちが落ちることを嫌うわけだ。
ずっと前も、そんな事を言っていたが、今はどうしようとか、あまり思わないことにしよう。

俺は苦悩なんかしたくない。平和が一番。正直に。
posted by Mastervie at 03:37| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。