2006年02月16日

on da Buddha's hand

フラットな関係でいたい。
欺くことも、負かすことも勝つこともない。

終止符としての愁傷終章。
猜疑心シリーズ完結編
結論は単純明快であった。何も考えることなどなかった。

嘘はよくない。
以上。
posted by Mastervie at 02:42| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。